理研機器株式会社 03-3447-1151

資料請求、お問い合わせはこちら

会社案内

行動基準

この行動基準は、経営理念を実践するために、企業活動のあらゆる場面において、私たち、理研機器の役員・従業員が守らなければならない判断・行動の基準を定めたものです。
私たちは、この行動基準に則り、企業利益と倫理が相反する場合には迷わず倫理の遵守を選択します。
万が一この行動基準に反するような事態が発生した場合には、経営者自ら問題解決にあたり、原因究明と再発防止に努めます。

1.法令や社会倫理の遵守

・私たちは、会社の基本方針に則り、法令や社内規程の遵守はもとより、社会の良識に従った誠実な企業活動を行います。

2. 顧客満足の追求

2.1顧客満足の追求

・私たちは、常にお客様のニーズに応えられる有用な商品・サービスを提供します。

2.2安心・安全な商品・サービス

・私たちは、お客様に提供する商品・サービスについて、社内の規程はもとより、事業を展開する各国各地域において、それらに適用される品質、安全性、信頼性、環境保全に関わる法令等を遵守します。

・万が一問題が発生した場合には、直ちに事実確認を行い、社内外の関係者に報告するとともに、その原因と責任を明確にし、損害の拡大阻止と再発防止に最善を尽くします。

3. 公正な取引

3.1独占禁止法の遵守

・私たちは、独占禁止法を遵守し、カルテルや談合、再販売価格の維持、優越的地位の濫用など、公正かつ自由な競争を阻害する行為をしません。

3.2下請代金支払遅延等防止法(下請法)の遵守

・私たちは、製造委託取引または修理委託取引等を行う際には、下請法を遵守し、支払遅延などのないように留意します。

3.3不正競争行為の防止

・私たちは、合法的なルートを経ずに他社の「営業秘密」に接触することをしません。

3.4公正で健全な購買活動

・購買先の選定は、合理的かつ公正で透明な基準に基づいて行います。

・購買先との契約は、法令に則って公正に締結し、契約内容を遵守します。

・購買先に対し、優位な立場を利用した不当な要求や規制をしません。

3.5節度ある贈答・接待

・私たちは、取引先に対して贈答や接待等を行う場合には、社会通念の範囲内で行い、また取引先からの社会通念の範囲を超える贈答や接待等は受けません。

3.6賄賂等の防止

・私たちは、行政機関との健全かつ透明な関係を維持するため、国内外の公務員および見なし公務員に対し、金銭などの利益の供与や、疑義を招きかねない行為をしません。

3.7寄付・献金の規制

・私たちは、献金・寄付については社内規程に則って判断し、違法な献金や癒着との誤解を招きかねない行為はしません。

4. 企業情報の適切な管理

4.1企業の機密情報の管理

・私たちは、理研機器が保有または管理しているノウハウ、技術・営業情報のうち、何を企業秘密とすべきかを明確にし、適正かつ厳重に管理します。

・また、仕事を通じて知り得た他社の機密情報は厳重に管理し、他に漏らしません。

4.2個人情報の保護

・私たちは、業務上接する社内外の個人情報の取扱いに関し、個人のプライバシーが侵害されることのないよう、関係法令および社内規程に則り、適切に管理します。

4.3インサイダー取引の防止

・私たちは、仕事を通じてあるいは家族・友人等を通じて、公にされていない他社の重要情報を知った場合には、その会社の株式等の売買は行いません。

5. 人権の尊重

・私たちは、事業活動のあらゆる場面において、関係するすべての人の基本的人権を尊重し、人種・民族・国籍・出自・信条・宗教・性別・年齢・心身の障害・趣味・学歴などを理由とした差別や、個人の尊厳を傷つける行為はしません。

6. 働きがいのある職場環境の実現

6.1働きやすい職場環境

・私たちは、一人ひとりが個性や能力を発揮し、安心して働くことができる職場環境づくりに努めます。

6.2就業規則等の遵守

・私たちは、働きやすい職場環境を維持するため、就業規則等に定められたルールを遵守します。

6.3職場の安全衛生

・私たちは、従業員の健康を最大限に配慮した、安全で快適な職場環境の整備に努めます。

6.4不当労働等の排除

・私たちは、労働関係法令を遵守し、事業活動のあらゆる場面において、不当労働、強制労働および児童労働等の不法行為を排除するとともに、過重労働や不合理な残業を強いることのないよう、万全を尽くします。

6.5ハラスメント行為の禁止

・私たちは、地位や立場を利用して無理な仕事を強要したり、差別的な扱いや精神的・肉体的な暴力を加えたりする「パワーハラスメント」はしません。また、「セクシャルハラスメント」との誤解を招くような言動はしません。

7. 環境問題への積極的な取り組み

・私たちは、環境破壊を防止するため、国内外の各種環境関連法令を遵守するとともに、省エネ、廃棄物の削減およびリサイクルの徹底を図ります。

8. 反社会的勢力への厳格な対処

・私たちは、市民社会に脅威を与え、経済活動に障害となる反社会的勢力に対しては、一切の関わりを持たず、もし不当な要求があった場合には、毅然たる態度で臨みます。

9. 貿易に関する手続きの遵守

・私たちは、国際的な平和と安全維持のため、貿易に関する国際的な取り決めや国内外の法令、慣行、輸出入手続き、各種業法を遵守します。

10. 知的財産の尊重

・私たちは、理研機器の知的財産権について、適正な保護と活用を図ります。

・また、著作権をはじめとする他者の知的財産権を尊重し、権利侵害の防止に努めます。

11. 資産の有効活用と保全

・私たちは、会社が保有する商品、設備、情報システム機器などの資産を効率よく活用するとともに、紛失や損壊がないよう適切に使用・管理し、公私混同との誤解を招くような個人的な目的での使用はしません。

・また、退職する際は、会社の資産や業務上の全ての機密情報及び資料等を返却します。在職中に知りえた営業秘密その他の企業情報を、会社の許可なしに開示しません。

12. 利益相反行為等の禁止

・私たちは、自己の利益と会社の利益が相反することのないように行動し、会社の承認がある場合を除き、会社の業務と直接的あるいは間接的に利害関係のある業務には携わりません。